スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンコ代・ハンツキ代とは?

こんにちは。任意売却推進センター、
横浜相談オフィス、スタッフIです。

少し前の話になりますが、
男子サッカー日本代表が発表されていましたね。
楽しみにしていた方もいらっしゃったのではないでしょうか?
もうすぐワールドカップ始まりますね。

さて本日は、ハンコ代・ハンツキ代について、
ご紹介をしたいと思います。

任意売却をする際には、抵当権を解除してもらう必要があります。
(通常の売却でも同じです)

抵当権はお客様によっては、
1番抵当だけでなく、2番抵当、3番抵当が入っていることもあります。

その場合、1番抵当権者については優先して売買代金から支払われますが
1番抵当でも、すでに負債が上回ってしまう場は、
2番抵当や3番抵当への支払いは
当然できなくなってしまいます。

その後順位の抵当権者に対して、支払うお金がハンコ料ハンツキ料というものです。
これは、「後順位の債権者に残債務を免除してもらう、承諾料ということになります。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)では、
後順位担保権者に抵当権等を抹消してもらい、
任意売却を促進させるため、
このハンコ代・ハンツキ代を、次のように承諾料を定めています。

・ 第2順位 (1)30万円 (2)残債務元金の1割
・ 第3順位 (1)20万円 (2)残債務元金の1割
・ 第4順位以下 (1)10万円 (2)残債務代金の1割
 (注) ハンコ代・ハンツキ代は(1)または(2)いずれか低い方の額となります。

任意売却をするには、すべての抵当権などの担保権を抹消しなければなりません。
そのための承諾費用というのが、ハンコ代ということになります。



・・・
弊社代表、木原洋一が著書を発刊いたしました。
任意売却について、自身の経験を交えながらわかりやすく解説しています。
住宅ローンでお悩みの方、どうぞご覧下さい!


ステッカー Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
FC2 Blog Rankingに参加してます
←ポチッとお願いします
・・・・・・・・
住宅ローンが払えない!!
マイホームが差し押さえ、競売になる前に無料相談。
任意売却制度をご存知ですか?


任意売却推進センター 横浜西口相談オフィス(首都圏対応)
http://livix-web.com

無料相談 通話無料 0120-961-044
メール受付 info@ninbaisuishin.com

〒220-0024
神奈川県横浜市西区西平沼町1-7興和ビル4F
各線:横浜駅から徒歩8分
相鉄線:平沼橋駅から徒歩3分

電 話 045-534-9933
関連記事
スポンサーサイト

theme : 住宅ローン
genre : ライフ

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
オススメ任意売却本
弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出版いたしました!
任意売却YouTube動画
◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材
プロフィール

任意売却推進センター スタッフI

Author:任意売却推進センター スタッフI
横浜で任意売却を専門に扱っている不動産店です。
住宅ローン問題のご相談を承っております。
〒220-0024
神奈川県横浜市西区西平沼町1-7
興和ビル4F
無料相談 通話無料 
0120-961-044
mail:info@ninbaisuishin.com

All About プロファイル 木原洋一
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
横浜ランチ・食べログ
検索フォーム
カウンター
ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
3457位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
595位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。