スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業、減収などで住宅ローンに悩んだら、任意売却を思い出してください!

こんにちは、任意売却推進センター、スタッフIです。

今日は横浜でも雪です
でも、みぞれ混じりの雪という感じで、
なかなか積もるまでにはなっていません。

交通の混乱も、今のところ雪によるものはございませんが
今朝は、人身事故で田園都市線が止まっていました。

以下、東急電鉄ホームページから…
2012年01月20日 11時14分 現在
6時14分頃、田園都市線 宮前平駅で人身事故のため、ダイヤが乱れています。
ただいま振替輸送を実施しています。



早朝の雪の中での人身事故だったようですね。
人身事故というと、失業や減収から、思い悩んで…
誰にも相談できずに、電車に…という方もいるのではないかと
本当に心配になります。

もし失業や減収で、住宅ローンが支払えなくなってしまったとしても
任意売却という方法があるということを
知っていただけたらと思います。

住宅ローンを支払って、家を維持するよりも、
家族との楽しい時間を優先してください。

住宅ローンで死は考えないでください!!!!


任意売却には、色々なメリットがあるのです。

・任意売却は、競売と違って、一般相場に近い価格で売却可能です。
・競売よりも高い価格で売れるため、多くの返済が可能となり、残債が減る。
・売却の期間が長いので、その間住んでいられる。
・引越の時期も、話合いの上、計画的に引越しできる。
・引越費用についても、出してもらえる場合がある。
・競売と違って、裁判所のホームページなどに掲載されない。


失業中などで、手元にお金が無い場合でも、
相談料などは一切かかりません。

任意売却が無事成立したときに、債権者(金融機関)から
私どもに売却代金のなかから、仲介手数料が支払いがされるので、
持ち出しはございません。

ご心配なさらずに、どうぞ相談くださいませ。

・・・

自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本
(2011/11/22)
木原 洋一

商品詳細を見る
弊社代表、木原洋一が著書を発刊いたしました。
任意売却について、自身の経験を交えながらわかりやすく解説しています。
住宅ローンでお悩みの方、どうぞご覧下さい!

ステッカー

FC2 Blog Rankingに参加してます
←ポチッとお願いします
・・・・・・・・
住宅ローンが払えない!!
マイホームが差し押さえ、競売になる前に無料相談。
任意売却制度をご存知ですか?


任意売却推進センター 横浜西口相談オフィス(首都圏対応)

無料相談 通話無料 0120-961-044
メール受付 info@ninbaisuishin.com

〒220-0024
神奈川県横浜市西区西平沼町1-7興和ビル4F
各線:横浜駅から徒歩8分
相鉄線:平沼橋駅から徒歩3分

電 話 045-534-9933
関連記事
スポンサーサイト

theme : 住宅ローン
genre : ライフ

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
オススメ任意売却本
弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出版いたしました!
任意売却YouTube動画
◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材
プロフィール

任意売却推進センター スタッフI

Author:任意売却推進センター スタッフI
横浜で任意売却を専門に扱っている不動産店です。
住宅ローン問題のご相談を承っております。
〒220-0024
神奈川県横浜市西区西平沼町1-7
興和ビル4F
無料相談 通話無料 
0120-961-044
mail:info@ninbaisuishin.com

All About プロファイル 木原洋一
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
横浜ランチ・食べログ
検索フォーム
カウンター
ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
3465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
588位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。