スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興よりも、収束

おはようございます。
任意売却推進センター、スタッフIです。

東日本大震災から1ヶ月以上経ちました。
新聞の見出しも、復興、そして経済保証問題へと
シフトしてきている気がします。

復興のために開かれた知事の復興構想会議のなかでも、
岩手県、宮城県については「復興」の話になっていましたが、
福島知事からは、以下引用ですが
「福島県内では今も、原子力災害が進行中だ。とにかく一日でも早く、原発事故を収束させてほしい。復興作業に着手し、前へと進みたい思いはあるが、福島の現実は違う。岩手、宮城両県知事の話を、歯ぎしりしたい気持ちで聞いていた。まずは震災があった3月11日以前に戻ることが大原則だ。具体的な復興ビジョンを提案できる段階にはない。」
このように、まだ原発問題について進行中であるということばが聞かれました。

復興の前に、まず、収束をさせること、それが先決のように思います。

このようななか、ニュースサイトでこのような記事を見つけました。
「被災者のローン免除を」日弁連が緊急提言

この記事によると、
「日本弁護士連合会の宇都宮健児会長は19日、被災者が抱えている住宅ローンや事業資金の融資の返済を免除・軽減することを柱とする「緊急提言」を枝野幸男官房長官に提出した」

とのことです。

被災者は、津波、原発からの避難などで、
家や仕事、家畜などいろいろなものを失っています。
ローンの返済免除となれば、負担感がやわらぎ、今後の生活についても
目処を立てやすくなりますね。

この記事ではさらに、

「福島第一原発の事故をめぐる損害賠償にあたっては、早期救済の観点から、法的責任の所在にかかわらず、一時的に国が負担して被災者に支払い、後から東京電力に請求する仕組みが必要だとしている。」

となっております。

生活、ローン、仕事、いろいろなことが一気に押し寄せた
被災地、避難地の皆様…

何か弊社でもご相談に乗ることができないかと、
日々模索しています。

ローンにお困りの方については、お力になれるかもしれません。
ご相談お待ちしております。

more...

スポンサーサイト

theme : 住宅ローン
genre : ライフ

住宅ローンの支払いが厳しくなったら…

こんにちは、任意売却推進センター、スタッフIです。

桜も今年は変わることなく咲いていましたが、
震災や原発問題もあり、お花見を心から楽しめる方も、
まだまだ多くはなかったのではないでしょうか…
そうこうしているうちに、葉桜になってしまいましたね。

さて、こちらのブログをご覧になっている皆様のなかには、
住宅ローン返済に行き詰ってしまい、
このまま、競売に移行していってしまうのではないか…
そう、ご心配されて、ネットで検索をかけられて、
たどり着かれた方もいらっしゃるかもしれません。

任意売却、という言葉も
初めてお聞きになる方も多いかもしれません。

任意売却というのは、端的に申し上げますと以下のとおりです。

住宅ローンを借りている人(債務者)と、
住宅ローンを化している人(債権者)との合意の上、
競売ではなく、任意で売却をすることです。

その合意というのは、
あらかじめ債権者と話し合い債権額(ローン残高)を下回ること、です。

そして、一般の中古住宅と同様に販売するのです。

価格は、競売よりも高めに設定できますので
(通常の売買に近い価格設定になります)
債権者としては、多くの債権を回収できます。

債務者としても、競売になれば近所にも知れ渡ってしまいますし、
任意売却のほうが、
売却後に残ったローンの返済についても、家庭生活の実情に合わせて、
少額返済や一時金による減免など、
柔軟な対応をしてもらえることも多いのです。

このブログをご覧になるまでは、
競売しかないと思って居らっしゃった方も
ぜひ、この任意売却の制度を知っていただけたらと思います。

一人でも多くの方の心配がなくなりますよう・・
ご相談お待ちしております。

more...

theme : 住宅ローン
genre : ライフ

東日本大震災から今日で1ヶ月

おはようございます。
任意売却推進センター、スタッフIです。

3月11日の震災があってから…
もう1ヶ月も経ってしまったのですね。

亡くなられた方や安否確認取れない方が、今なお、2万7621人と
報道されていました。

ビートたけしさんが、以前テレビで
このように発言したということが心に残っています。

「死者・行方不明者が2万人を超えたじゃなくて、
家族、友人の死という個人問題が2万件、一斉に起きたと考えないと」

その発言をネットで見て、
本当にその通りだ、と感じました。

数だけ見ていると、実感がない。
でも、その数のひとつひとつは、個人の命何だと考えると
本当に、この震災がどれだけのことであったかが分かります。

そして今なお、原発の問題が引き続いている…
政府は安全と発表しているなか、
海外の気象台などでは、いち早く放射能の拡散予想を報道…
ネット上などでは、政府とは違った意見も多々見られます。

いったい何を信じたらいいのか。

震災、そして原発問題。
人々の考えの違いが明確化することで、
ばらばらになっていく、ことを感じたりもしてしまいます。
いつもは気にならなかったことも…

ただそのなかでも、生きていかなくてはいけない。

仕事をしないと、暮らせなくなる。
原発の退避圏内に自宅があり、これから目処が立たない…
また、住宅はなくなったとしても、ローンもある。

住宅金融支援機構では、今回の被災者の方向けの
専用相談ダイヤルを設けています。

saigaidaial.jpg

お役に立てたらと、貼りつけさせていただきます。

そして、この震災が原因となって、失職、減収なさった方など、
住宅ローンのお支払いで、厳しくなられた方、
そのかたは、ぜひ、ご相談くださいませ。


more...

theme : 住宅ローン
genre : ライフ

不動産を選ぶ基準

おはようございます。任意売却推進センタースタッフIです。

通勤途中で横浜駅を通ってくると、
帷子川では鯉が泳いでいて、水鳥が泳いでいました。
震災前と同じ光景です。

震災前はのんびりと眺められていたそんな風景も、
今となっては、後戻りできないんだなと感じた今朝でした。

まだまだ、東北地方の被災地はもちろんのことなのですが、
復興までは長い道のりになると考えられます。

依然として予断を許さない原発。
首都圏では、会社も通常通り、
そして、春休みも過ぎて、小中学生、
高校生なども、新学期も通常通り始まりますが
見えない放射能の心配をしながら心休まらない日が続きます。

今回の震災では、浦安市などでは、
液状化現象が起きて、生活がままならない、
引っ越さないといけない、という方もいらっしゃると聞きます。

不動産を選ぶ基準も、今後変わってきそうな気がします。

・埋立地では液状化するかもしれない
・海の近くは、津波の心配
・高層マンションは、停電の時や万一の時に避難が難しい
・原発からの距離

ここに住みたい!とか、利便性が良い、これ以外にも
選ぶ基準が増えてきそうですね。
また、持家よりも賃貸、という方も増えてくるのかもしれません。

今後、長期的にどのような価格の推移になってくるのでしょうか。
引き続き注視していきたいと思います。

more...

theme : 住宅ローン
genre : ライフ

03 | 2011/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
オススメ任意売却本
弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出版いたしました!
任意売却YouTube動画
◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材
プロフィール

任意売却推進センター スタッフI

Author:任意売却推進センター スタッフI
横浜で任意売却を専門に扱っている不動産店です。
住宅ローン問題のご相談を承っております。
〒220-0024
神奈川県横浜市西区西平沼町1-7
興和ビル4F
無料相談 通話無料 
0120-961-044
mail:info@ninbaisuishin.com

All About プロファイル 木原洋一
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
横浜ランチ・食べログ
検索フォーム
カウンター
ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
3465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
588位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。